「中学校の内申点」その①

  1.内申とは何か。
中学校から高校へ生徒一人ひとりの調査書を送る時、その中に内申点の欄があります。中学校での成績を5段階評価の9教科合計で表したものです。オール5なら45、オール3なら27です。この点数を内申(点)と言います。
「内申が足りないからあの高校はムリ」とか「~中学は内申が取りにくい」などとよく使われる言葉です。内申は高校の進学に大きな影響があります。 公立高校は内申と入試でおもに合否が決まるし、私立高校の推せんは内申で決まるからです。

2.5段階評価はどうつけられるか。
定期テスト(中間・期末・実力・学年末)の点数が大きな要素ですが、それだけではありません。学習態度・提出物・宿題・実技・作品などもかなり大きな加点・減点の材料です。極端な例では、テストは全部90点前後なのに内申は23~25という生徒もいました。 小学校の成績評価とはかなり違う場合が多いので戸惑うかもしれません。 小学校の成績を見て、中学校に上がってからの成績を予想するのは、親にとって難しいことです。 小学校で〇が多いから普通かなと思っていたら、中学では1と2がほとんどというケースもあるし、逆に4と5がほとんどというケースもあります。
私たちは、子どもたちの学習能力・学習方法を詳しく見ていますから、だいたいの予想はできます。その予想をもとに指導をしていきます。

3.最近の高校入試と内申
高校入試との関係で、まず間違えてはいけないのは、高校への合否につながる内申は、中3の2学期のものだということです。私立推せんは2学期の内申そのもので決まるし、公立高への内申も2学期のものをもとにつけられます。
そして、最近の入試と内申の関係は大きく変わってきました。「内申よりも入試をかなり重視」する高校が増えてきたのです。
これは「成績よりも実力を重視」しているということです。当然、受験勉強も実力を上げる勉強の比重を高めなければなりません。 成績を上げる勉強と、実力を上げる勉強は、するべきことが大きく違うのです。
 SSAでは中2の12月から受験成功プログラムをスタートします。実力を上げるための最高の方法を、1月からの入試対策授業で指導していきます。

4.内申を上げる秘策
中1・中2の時は、正しく高レベルな学習の型を身につけ、質を上げることを大切にします。「中3で最高の内申をとる」ための骨太の学習力・学力をつけるようにしています。
内申を上げるための秘策は、中2の受験親子説明会で教えます。 確実に上げる方法はあるのです。

「中学校の内申点」その②

1.高校入試と内申点
高校入試は変化しています。一つは、高校が内申点よりも入学試験を重視するようになったことです。上位高の9割以上が学力検査重視になっています。 もう一つは、受験生の学力を試すために、入試問題を難しくするようになってきたことです。(これは悪い傾向ではありません。もともと基礎的な問題中心でしたから、もう少し難しくしてほしいと思っていたぐらいです)
そして、2017年入試からさらに、学力重視の制度に変更されました。入試の当日点が、100点から120点に引き上げられました。これで、いっそう逆転合格(内申が足りなくても、入試の得点で補って合格する)のチャンスが広がりました。

2. 内申のとりにくい中学は不利か
必ずしもそうとは言えません。生徒の学力レベルが高い中学は、内申はとりにくくても学力は高いのですから、学力重視型の入試では強みを発揮できます。

3. 内申のとりにくいタイプ
これはあります。ずいぶん前のことですが、定期テストの点は悪くないのに、内申がかなり低い男の子がいました。ちょっと会っただけで原因がわかったので、本人に「君は、授業中にこういう態度や行動をしているだろう?」とやってみせました。すると、「何で知ってんの?」という返事です。どんな態度に変えればいいのか詳しく教えました。本人も内申のことを気にしていたので真剣に実行しました。
 すると、定期テストは前学期とほとんど同じくらいなのに、内申点は8も上がったのです。この経験をして以来、中2の11月に行う受験親子説明会では「内申を上げる11項目」を詳しく教えることにしています。

4. 中3で最高の成績をとるために
中1~中2の2学期までは、学習の方法と学習能力を上げることを大切にします。それが骨太の学力をつくります。中1・中2で内申だけ意識した勉強をしている子は伸びません。実力もつきません。定期テストの過去問や予想問題を徹底してやるというような塾は、とんでもない間違いを犯しています。出そうなものだけをやるのではなく、広い範囲から何が出てもいいという勉強をすべきです。それが実力をつけるということです。
SSAでは英語を例にとると、問題集やテストをくり返すのではなく、単語力・和訳力・文法力・英作文力を身につけるトレーニングをした上で問題を解くという方法で、中3での内申点、入試での実力、高校での自立学習に大きな強みを発揮しています。

「中学校の内申点」その③

1.学力検査で何点とれそうか測る方法
 絶対とは言えませんが、全県模試の偏差値がかなり信頼できます。
*全県模試 愛知県の模試では受験者数が最大です。  SSAジュニアフォーラムの教室で受けられます。これを中1・2は年2回、  中3は年4回受けてもらって進学や指導の資料にしています。
*偏差値 そのテストを受けた人たちが、50点を中心にどのくらいの散らばり方をしたかを調べて数字にしたものです。 ほとんどの受験者が30~70の間に入ります。もちろん数字が高いほど、学力が高いということです。
 どの高校は内申点がいくつ、偏差値がいくつあれば合格できるかは、新中1説明会(小6の2月)や受験説明会(中2の11月)で一覧表を配布しています。

2.中学校の進路指導
だいぶ前のことですが、学校で模試が禁止されたため、進学指導が難しくなってしまいました。今では、内申点だけを見て、ここはOK、あそこはムリと言うことしかできません。私が逆の立場だったら、とてもつらいと思います。
そのため、学力があるから内申点が足りなくても合格できる生徒や、内申点は高いけど学力が足りないから不合格になりそうな生徒に、間違った受験校を指示することがあります。(生徒・父母が担任の先生にかなり間違ったことを言われたことがありました。あまりひどい時には、校長先生に電話をして、進路委員会で修正してもらったこともあります。)
SSAジュニアフォーラムでは、中3の12月初旬に学校の三者面談より早く、面談をして受験校を決めて、学校にはその内容を伝えてもらうようにしています。ここ2・3年は、内申点が2~3点足りなくても逆転合格するケースが、とても多くなっています。

能力を開発する個別指導

  • 問題を解いたり、テストをした後、まちがえたり、できなかったりしたものをどうするかという方法(レポート学習)をはじめ …

    成績を上げ、受験に成功する!

  • 国語能力を大きく引き上げます。聞くだけではない、聞いて書きとるトレーニングだから効果も大きいのに、楽しいと …

    ほんとうの力を身につける!

  • 中学英語を得意科目にするために作られたシステムです。画期的な個別進級式により、楽しいだけでなく、最強レベ …

    小学生英語の最強レベル!